ブログ

5分で製紙に使用される針葉樹と広葉樹のパルプの違いを理解する

Share on facebook
Share
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
Share

針葉樹と広葉樹やパルプという用語は多くの人にとって曖昧でしょう。実際、針葉樹と広葉樹はパルプの二つの種類であって、それぞれが考慮に入れる必要のある典型的な特性を持っています。 したがって、この記事でこれらの興味深い機能を理解しましょう!

針葉樹と広葉樹についての事実

 

facts-about-softwood-and-hardwood
針葉樹と広葉樹についての事実

一般的に、木材はパルプ製造において重要な役割を果たし、最大約90%を占めます。 しかし、どうすれば2種類のパルプを区別できるのかという疑問が生じます。 実際、それらは外観ではなく、複製とコンポーネントによって区別されます。 詳細には、広葉樹(科学的に裸子植物と呼ばれる)は落葉樹(毎年葉を落とすもの)から来ています。 これは、広葉樹パルプが一般的にオーク、ポプラ、バスウッドでも作られている理由を説明しています。

逆に、針葉樹はに針葉樹から来ています。 そのため、 アカマツ、バビショウ、カラマツが含まれます。 間違いなく、広葉樹は針葉樹よりもはるかに硬く、木質繊維に占める割合は針葉樹の2倍と推定されています。

パルプは針葉樹パルプと広葉樹パルプに分けられる。 どちらも製紙業界では欠かせないものですが、通常は機能が異なります。 さあ、探検しましょう!

広葉樹および広葉樹パルプの典型的な特徴

 

広葉樹に言及するとき、人々が最初に考えなければならないことは多目的です。 素晴らしく凝縮された複雑な特徴は、この材料に卓越した強度だけでなく驚くべき靭性も与えます。 実際、広葉樹パルプに含まれる木材セルロースの割合は驚くほど40〜70%で、残りはダクトが20〜40%、木材光線が10〜20%、実質細胞が2〜13%です。 実質細胞の比率が高いため、広葉樹は強度は低くなりますが、吸収性が高く、不透明度が高くなります。 そのため、広葉樹パルプは主に印刷用紙の製造に使用されています。

製紙に使用される木粉の情報

hardwood-tree
広葉樹

詳細に、繊維、紙の特性、用途、価格の観点から広葉樹パルプについて考えておく必要があります。 繊維に関しては、広葉樹パルプ繊維は、サイズと重量が大きく、硬い特性を持つ広葉樹から作られているため、かなり短くて太いです。 また、純度は針葉樹パルプほど高くありません。 紙の特性に関して、広葉樹パルプは紙に厚い厚さと強い吸収性を与えます。 広葉樹パルプは完全に柔軟ではありませんから、製紙はあまりうまく機能しません。通常、広葉樹パルプはコート紙またはオフセット製紙で針葉樹パルプと混合されます。 それにもかかわらず、それは印刷用紙と筆記用紙にのみ適用されます。 価格面を考慮に入れると、広葉樹パルプはかなり経済的であることがわかります。

針葉樹および針葉樹パルプの典型的な特徴

 

Pine-softwood
針葉樹の種類の一つ:松の木

針葉樹パルプは柔らかく、より多くの樹脂を含んでいます。針葉樹は放射状構造の平らなセルを持っています。細胞内腔は常に樹脂とともにタンニン化合物を含み、空気で満たされています。針葉樹の大部分はセルロースで55%、ヘミセルロースが11%、リグニンが26%近くを占めています。

カナダとフィンランドが世界最大の針葉樹パルプメーカーの1つになる理由を説明する、高地でよく見られます。さらに、これらの植物はカラフルで柔軟で防水性があります。皮肉なことに、一部の針葉樹は特定の種類の広葉樹よりも硬いのに対し、最も硬い針葉樹はどの種類の針葉樹よりもはるかに硬いです。

 

Softwood-pulp
針葉樹パルプ

詳細に、繊維、紙の特性、使用法、価格に関連する針葉樹パルプを詳しく見ることができます。繊維に関しては、針葉樹繊維はかなり細くて長いです。また、それは高いパーセンテージの純度を持っています。一方、針葉樹パルプ優れた柔軟性と完璧な強度を備えています。その上、針葉樹パルプは実際には製紙に不可欠な部分であり、コート紙、地図紙、その他の製紙産業で重要な役割を果たしています。製紙に役立つこれらの完璧な機能のために、針葉樹パルプの価格は他のものよりはるかに高価です。

広葉樹と針葉樹の両方に、考慮に値する興味深い特徴があります。 したがって、広葉樹パルプと針葉樹パルプは特性が異なり、使用方法も異なります。 それらがどれほど独特であるとしても、これらの2つの材料は間違いなく製紙業界で不可欠です。 最後に、この記事がこれら2つの資料を深く理解するのに役立つことを願っています。

Scroll to Top