ブログ

木粉

木粉とは?木粉の素晴らしい(WONDERFUL)用途を知りましょう!

木粉とはなんですか?どんな用途を持っているか、今回の記事で知りましょう! 木粉の基礎情報を知りましょう     木粉は、木材を皮をむき、小片に切った次の粉砕機を使用して加工された製品です。木粉は100%再生可能エネルギーですから、最近は広く使用される傾向が強まっています。 木粉の大きさ:木粉はおがくずや木質ペレットと同じ、木材副産物ですが、種類によって大きさと使用方法が異なります。木粉の中にはサイズによって主に二つの種類に分けられます。 木粉メッシュ80 木粉メッシュ20 木粉のサイズは他の木材副産物と比べたら非常に小さくて、よく知られるインチやミリメートルといった長さの単位で測れる事ができませんから、メッシュという単位で測ります。メッシュが大きほど、木粉のサイズが小さくなります。そして、木粉の大きさによって用途も異なりますよ。木粉は普通どのように用いられるかこれから紹介します。 木粉の機能 木粉は基本的に材料である木材の性質と機能を持っています。それは: 吸水性 消臭性 木粉メッシュ80の用途  

facts-about-softwood-and-hardwood

5分で製紙に使用される針葉樹と広葉樹のパルプの違いを理解する

針葉樹と広葉樹やパルプという用語は多くの人にとって曖昧でしょう。実際、針葉樹と広葉樹はパルプの二つの種類であって、それぞれが考慮に入れる必要のある典型的な特性を持っています。 したがって、この記事でこれらの興味深い機能を理解しましょう! 針葉樹と広葉樹についての事実   一般的に、木材はパルプ製造において重要な役割を果たし、最大約90%を占めます。 しかし、どうすれば2種類のパルプを区別できるのかという疑問が生じます。 実際、それらは外観ではなく、複製とコンポーネントによって区別されます。 詳細には、広葉樹(科学的に裸子植物と呼ばれる)は落葉樹(毎年葉を落とすもの)から来ています。 これは、広葉樹パルプが一般的にオーク、ポプラ、バスウッドでも作られている理由を説明しています。 逆に、針葉樹はに針葉樹から来ています。 そのため、 アカマツ、バビショウ、カラマツが含まれます。 間違いなく、広葉樹は針葉樹よりもはるかに硬く、木質繊維に占める割合は針葉樹の2倍と推定されています。 パルプは針葉樹パルプと広葉樹パルプに分けられる。 どちらも製紙業界では欠かせないものですが、通常は機能が異なります。

WPCに使用される木粉

木粉メッシュ80とそのWPCへの応用

木粉 (WOOD POWDER) やWPCと耳にしたことがある方は多いと思いますが、この二つは何か、そして実際にどんなことに役立つか、ご存知でしょうか?木粉メッシュ80とメッシュ120はどんな違いがあるか、またはどうしてWPCが世界最も最良な素材だと呼ばれるか、今回の記事でそういう問題を答えていきます。 WPCとは?WPCの事実   木材・プラスチック複合材料は(WPC・Wood Plastic Composite)は木材とプラスチックを原料とする複合材料です。この素晴らしい組み合わせにより、WPCの耐水性、メンテナンスが容易、寿命が長くなります。 耐水性に関しては、木質繊維とプラスチックの混合物は驚くべき耐水性を持っています。 WPCの主な用途といえば、以下の図の通りにデッキ材として使用されて、その他 窓枠や、てすり類、床材などにもちいられています。現在では普通の木材の代わりにWPCを使用する傾向は強くなってきたから、日常生活にはWPCの製品を目に入れることは意外に多いですよ。   WPCに使用される木粉メッシュ80   木粉メッシュ80と他の種類はどんな違いがあるか?

Scroll to Top