ブログ

高品質なおがくずでお肉を燻製しましょう!

Share on facebook
Share
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
Share

燻製のお肉はならではのお香りと味がありますから、楽しむ人が多くなりました。お肉を燻製するには、木質ペレットやウッドチップなど原材料が色々あります。その中はおがくずです。今回の記事では、おがくずでお肉の燻製仕方とおがくずでお肉を燻製すべきの理由を紹介していきます。

wood-sawdust-for-smoking-meat-おがくず
燻製のお肉に使用されるおがくず

おがくずとは?

 

おがくずは、有機材料の一種であり、加工、製造業に由来しています。 あらゆる種類の木材と竹が労働者によって計画され、細かく砕かれます。 以前、サイズが小さくて不揃いだったので、おがくずは無駄な自然廃棄物と見なされていました。おがくずを利用することで、キノコの栽培から目止め剤まで、おがくずの便利さがわかります。

おがくずでお肉の燻製しかた

 

wood-sawdust-for-smoking-meat
おがくずでお肉の燻製しかた

 

1. おがくずを浸す
最初はおがくずを水に浸しましょう。 500gmは典型的な品質であり、以下の例で使用される量です。

2. 熱の上に置く
おがくずを手で絞り出し、ホイルまたは金属トレイに入れ、石炭またはヒートビーズの上に置きます。

3. 間接加熱で調理する
肉を「反対側」に置き、蓋をします。 ふたを見たり持ち上げたりしないでください。 例の部分では、2〜2.5時間かかりました。 肉を燻製するのは遅い調理方法ですが、味何よりも優先でしょう。

なぜおがくずでお肉を燻製すべきか?

 

では、どうしておがくずでお肉を燻製すべきか?理由は主に二つあります。

wood-sawdust-for-smoking-meat
なぜおがくずでお肉を燻製すべきか?

1. フレーバーを強化する
達成するのが難しい豊かなスモークフレーバーを楽しみたい場合は、おがくずだけですぐできますよ。 希望のフレーバーに達するまで、木が煙を出すときにおがくずを火にまき散らして実験してください。 調理が終わったら肉を味わい、濃すぎるか薄すぎるかを決めることができます。

2. 電気およびガス調理より風味を加える
多くの人は、直火で焼くことは調理する食品に燻製の風味を加える唯一の方法であると考えていて、そしてそれはほとんどの場合に正解ですです。 幸いなことに、おがくずを使用して障害を克服し、食事の準備方法に関係なく、好きな豊かな風味を加えることができます。 グリルを焼く数時間前に、おがくずを水に浸すことから始めます。

1〜2時間経過したら、できるだけ多くの水を排出しましょう。 そうすれば、濡れたおがくずを湿らせて、燃焼速度を制御できるようになります。 次に、アルミホイルをグリルの上と調理面の下に置き、終了時に掃除しやすくします。

湿ったおがくずの層をホイルの上に均等に広げ、次に別のホイルのシートに穴をあけて、それを上に置きます。 穴が開いているので、煙が逃げて肉に浸透し、グリルの種類に関係なく、燻製の風味を楽しむことができます。

World Exportのおがくず

 

弊社のおがくずの情報はこちら

おがくず
World Exportのおがくず
おがくず
高品質なおがくず

 

購入の希望がある方、ぜひお問い合わせください。

サイト: https://worldexport.vn

LINE:+84 932 632 317

メール: info@worldexport.com.vn

Scroll to Top